127.0.0.1 と 0.0.0.0 の違い

スポンサード リンク

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明127.0.0.00.0.0.0
概要自分自身のIPアドレスを表す。

色々な意味がある。

・未指定(IPアドレスが設定されていない状態)

・ワイルドカード(全てのIPアドレスを表す。)

・IPが設定されていない。

・ソースアドレス。

・listernアドレス。

ping 送信時自分自身に送信される。

>ping 127.0.0.1

127.0.0.1 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:

127.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

127.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

127.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

127.0.0.1 からの応答: バイト数 =32 時間 <1ms TTL=128

127.0.0.1 の ping 統計:

パケット数: 送信 = 4、受信 = 4、損失 = 0 (0% の損失)、

ラウンド トリップの概算時間 (ミリ秒):

最小 = 0ms、最大 = 0ms、平均 = 0ms

エラーとなる。

>ping 0.0.0.0

0.0.0.0 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:

ping: 転送に失敗しました。一般エラーです。

ping: 転送に失敗しました。一般エラーです。

ping: 転送に失敗しました。一般エラーです。

ping: 転送に失敗しました。一般エラーです。

0.0.0.0 の ping 統計:

パケット数: 送信 = 4、受信 = 0、損失 = 4 (100% の損失)

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。