function と sub の違い | VBA

スポンサード リンク

このページでは VB、VBScript、VBA などで定義が可能な function と sub (subroutine)の違いに関して簡単に説明します。

functionとsub の主な違いは値を戻すか、戻さないかです。サブルーチンの昔の名残で分ける意味はあまりないでしょう。C言語などではこれらを区別せず、関数で統一しています。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

説明function(ファンクション、関数)sub(subroutine、サブルーチン)
違い戻り値を戻すことができる戻り値を戻すことができない
サンプルwscript.echo test()

function test()
 rem 戻り値を設定
 test="a"
end function
test()

sub test()
wscript.echo "test"
end sub

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。