プロビジョニング(Provisioning)とデプロイ(Deploy)の違い

スポンサード リンク

このページではVMwareにおける「プロビジョニング」と「デプロイ」の違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

説明プロビジョニングデプロイ
意味準備、予測という意味展開、生成という意味
詳細リソースを準備すること。主にディスクストレージエリアのサイズや方式(シンやシック)、CPUやメモリのリソース予約を行う。事前にリソース消費を予測して準備することが必要。主にストレージのプロビジョニングはデプロイにも関係してくる。
プロビジョニングされたエリアにOSイメージを生成すること。テンプレート、マスターイメージよりデプロイする。

(*)もともと「デプロイ」にはS/Wをインストールするという意味もあるが、VMwareではテンプレートなどからOSイメージを生成することをいう。

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。