VMnet1 と VMnet8 の違いに関して | VMware

スポンサード リンク

VMware Playerをインストールすると以下のような二種類のアダプタが生成されます。

イーサネット アダプター VMware Network Adapter VMnet1:

イーサネット アダプター VMware Network Adapter VMnet8:

これらのアダプタは何で使用するのでしょうか。以下比較となります。

図解した詳細は以下を参照してください。
VMware Playerの仮想ネットワーク | NAT、ブリッジ、ホストオンリーの仕組み

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

説明VMnet1VMnet8
正式インターフェース名VMware Network Adapter VMnet1VMware Network Adapter VMnet8
VMwareのネットワーク設定上ホストオンリーNAT接続
詳細プライベートネットワークが作成され、VMnet1と仮想OSのインターフェースが通信する


仮想OSはVMnet8と通信する。VMnet8 は物理IPに変換(NAT処理)して仮想OSと外部通信を中継する。


外部への通信なしあり

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。