クローンとデプロイの違い

スポンサード リンク

このページではVMwareにおける「クローン」と「デプロイ」の違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明クローンデプロイ
概要元OSイメージの複製を作成すること。コピー。
マスターイメージやテンプレートからOSイメージを生成すること。
詳細コピーのため、クローン元とクローン先ではIPアドレス、ホスト名、SIDなどが同じとなる。

(*)ただしクローン時のもカスタマイズは可能。
デプロイ時にIPアドレスやホスト名のカスタマイズが可能。またSIDは自動で新しく生成される。
環境の引継ぎクローン元からの環境を引き継ぐ。
クローン元はまっさらで綺麗の状態。
デプロイ時にカスタマイズ可能。
どのようなとき・バックアップ目的。
・テスト環境で使用するためのコピー。
・実運用PCのための仮想OS生成。デプロイ時に各PCのホスト名やIPアドレスを設定した後、各ユーザへ配布する。
・クローン元はパッチの適用をすましたり業務で使用するアプリをインストールするなど環境を整えてからデプロイするのが効果的。








【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。