「vCenter Server (Windows)」と「vCenter Server Appliance」の違い

スポンサード リンク

このページではVMware の管理基盤である「vCenter Server (Windows)」と「vCenter Server Appliance」の違いに関して説明します。

(*)2015年の状況です。今後機能追加などで記載内容が不正確になる場合があります。



スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明vCenter ServervCenter Server Appliance
概要Windows 上にインストールするvCenter サーバ。昔からある。
Linux の仮想イメージとして提供されるvCenter。アプライアンスとして提供される。
メリット・vCenterのフル機能が使える。
・一から構築なので自由に作れる。
・Windows のライセンスが不要。
・既にvCenterが構築された状態で提供されるため、構築コストが低い。
デメリット・Windowsライセンスが高い。
・構築コストが高い。
・Linuxと比較してセキュリティ対策のコストがかかる。

(*)決してWindowsの方がLinuxと比較して脆弱性が多いのではない。Windowsを狙う攻撃ツールや手法が多いということ。
・一部機能が使えない。

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。