[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧] > [完全仮想化と準仮想化の違いとは]

完全仮想化と準仮想化の違いとは

このページでは仮想化用語である"完全仮想化"と"準仮想化"の違いに関して説明します。

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明完全仮想化準仮想化
概要完全仮想化方式とはゲストOS(仮想OS)のプログラムを修正することなくそのまま動作させる方式。
CPUなどが仮想化テクノロジーに対応しているので実現可能。


準仮想化方式とはゲストOS(仮想OS)のプログラムの一部(主にカーネル)を修正する必要がある仮想化方式。
昔はCPUは仮想化テクノロジーをサポートしておらず、ゲストOSからのハードウェアへの要求方式を修正することにより仮想化を実現していた。
Linux系OSではカーネルの修正が可能なため、一部のシステムコールを「ハイパーバイザーコール」として修正することにより実現する。

ただし高速化のために(ハードウェアを直接操作する)準仮想化構成とする場合もあり。
メリットゲストOSはカーネル部分を修正することなく動作。
使い方によっては高速化が可能。
デメリット-
ゲストOS はカーネル部分に修正を入れる必要あり。


[ホーム] > [間違えやすい類語 IT編一覧]
,







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。