FAT、FAT32、NTFS、exFAT ファイルシステムの違いを簡潔に説明

スポンサード リンク

Windows で使われるファイルシステムの違いに関して説明します。通常は 最近のOS(Windows 10)ならNTFSでフォーマットすれば問題ないでしょう。フラッシュドライブなら exFATです。かなり昔のOSは FAT が使われていましたが、最近では使うケースもないでしょう。

(注1)数値やすべて「約」です。

(注2)OSのバージョンにより異なる場合があります。すべては原則として記載しています。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明FAT(FAT16)FTA32NTFSexFAT
概要初期のファイルシステム。ディスクの使用効率が非常に悪いFATを改良し、使用効率が良くなったWindows NT系の32bitOSで採用。セキュリティ、暗号化、自動修復など高度な機能をサポート。フラッシュドライブ向けのファイルシステム
正式名称File Allocation Table 16File Allocation Table 32New Eechnology File Systemex File Allocation Table
最大パーティションサイズ2GB (Windows NT系は 4GB)2TB (Windows NT系は32GB)2TB256TB
最大ファイルサイズ2GB (Windows NT系は 4GB)2GB(Windows NT系は 4GB)制限なし制限なし
暗号化機能なしなし有り-
自動修復機能なしなし有り-
アクセス権機能なしなし有り-
圧縮なしなし有り-
ファイル名8.38.3256文字-
主なサポーOSすべてのWindowsWindows 10/ 8.x / 7 / Vista / XP / 2000 / Me / 98・Windows 10 / 8.x / 7 / Vista / XP / 2000 / NT

・Windows Server 系OS

Windows 10 / 8.x / 7 / Vista / XP
用途初期のWindows。今では使わるケースは皆無。1990年代のWindows。今では使われるケースはないでしょう。最新のWindowsでは NTFS を使用するのが一般的主にフラッシュドライブ向け

今どのファイルシステムが使用されているかは、ディスクマネージャで確認が可能です。ディスクマネージャーを起動するには、ファイル名を指定して実行から以下コマンドを実行します。

diskmgmt.msc

参考:ファイル名を指定して実行

以下の通りファイルシステムの種類を確認することができます。

関連リンク:

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。