NT ドメインと Active Directory の違い

スポンサード リンク

このページでは Windows NT ドメインと Active Directory の違いに関して説明します。Windows NT ドメインはマイクロソフト Windows 環境における、古い時代のPC管理の仕組みです。今はほとんど使われていないでしょう。一方でActive Directory は現在も活躍中のPC管理の仕組みです。Active Directoryの方が圧倒的に高機能です。


スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明NT ドメインAD (Active Directory)
概要1990年代の LanManagerや Windows NT 時代のネットワーク管理の仕組み。

Windows 2000 Server 以後で実装された、 Ldap 互換のディレクトリベースの管理の機能。
管理の概要PCの集合をドメインとして管理。ドメインとドメインの間を信頼関係として定義。
ディレクトリベースで管理。
実装Windows NT 3.1/3.5/3.51
Windows Server 2000以後
プロトコルTCP/IP、IPX、NetBEUI など
TCP/IP 必須
欠点・プライマリドメインコントローラが停止すると一部の機能が停止する。
・一台のサーバで管理できるクライアント数が少ない。
-
名前解決NetBIOS による名前解決
DNSサーバが必須
(場合によっては WINSサーバにより NetBIOS名を解決)

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。