NTUSER.DATの違い | Users、default、public

スポンサード リンク

NTUSER.DAT はWindows の重要なファイルです。各ユーザの設定情報などが一括して保存されています。削除すると致命的な障害となり正常に動作しなくなるので、気を付けてください。

Windows 10ではこのファイルは何個かあります。一部のファイルは隠しファイルとなっています。それらの違いに関して説明します。

(*)実際にはレジストリーである「HKEY_CURRENT_USER 」「HKEY_USERS
」をファイルにしたものです。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明C:\Users\Default\NTUSER.DATC:\Users\[ユーザ名]\NTUSER.DATC:\Users\Public\NTUSER.DAT
概要全てのユーザに共通して適用される設定。

・各ユーザ用のアカウント用の設定。
・C:\Users 以下に各ユーザ名ごとにこのファイルがあるはずです。(ファイル名は同じですが、内容はユーザごとに異なる。)
・"HKEY_USERS" レジストリの値が格納されます。
用途不明。調査中。
隠しファイルです。表示させるには、"C:\Users\Public"で以下のコマンドを実行します。

C:\Users\Public>attrib -h NTUSER.DAT

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。