[ホーム] > [間際らしい類語 IT編一覧] > [完全仮想化と準仮想化の違いとは]
,

ローカルポリシー 、サイトポリシー、 ドメインポリシー、 組織単位のポリシー適用順序や優先度 | LSDOU

スポンサード リンク

このページではドメイン(Windows Active Directory) 環境におけるポリシー適用の順番に関して説明します。

原則としてポリシーは以下の順番で適用されます。

ローカルポリシ→サイトポリシ→ドメインポリシ→上位OUの組織単位→下位OUの組織単位の順序

LSDOU と覚えましょう。LSDOUとは

Local
Site
Domain
OU

の頭文字を取ったもので適用の順番となります。

参考:グループ ポリシーの基本設定


スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明ローカルポリシーサイトポリシードメインポリシー組織単位のポリシー
概要ローカルコンピュータ用のポリシー。Windows PC には必ず存在する。特にドメインに参加しない場合などは便利。
ドメイン環境において、コンピュータが属するサイトにリンクするポリシー。
ドメイン環境において、コンピュータが属するドメインにリンクするポリシー。
ドメイン環境において、組織単位(OU)にリンクしたポリシー。
詳細■ローカルポリシーは以下の2種類で構成される。
・コンピュータの構成
・ユーザの構成(全ユーザに適用される。ユーザごとに適用させたい場合はドメインポリシーなどで実現する。)

■ローカルセキュリティポリシーとは、この中でセキュリティに関するものの組み合わせ。「ローカルコンピュータ」の「セキュリティ構成」と同じ。

■ローカルポリシーは原則として即時に適用される。


[ホーム] > [間際らしい類語 IT編一覧]
,







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。