RDP と RemoteFX の違いに関して | Windows

スポンサード リンク

このページではリモートデスクトップ接続関連のプロトコルである RDP と RemoteFX の違いに関して説明します。

主に「グラフィック処理」と「ローカルUSB機能」に大きな違いがあります。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明RDPRemoteFX
グラフィック処理グラフィック関連の処理はサーバ側で処理されネットワーク経由で処理結果が転送されるため、処理が非常に重く、グラフィック処理は向いていない。

GPU仮想化機能あり。

仮想化技術を使用してサーバ側のGPUをクライアント側のGPUとして処理が可能。

クライアント側でも3Dアプリや画像処理のアプリが快適に使用できる。

ローカル USBデバイスの対応一部のデバイスのみサポートしている。ローカルに接続すると、ローカルUSBとして認識される。

ICカード、Webカメラ、スキャナなど様々なUSBをサポートしている。ローカルに接続すると、ローカルUSBとして認識される。

旧RDPではできなかった様々なUSBデバイスによる業務アプリが実現できる。

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。