Windows の特殊フォルダはLinuxではどこ

スポンサード リンク

システムフォルダなどWindowsのフォルダはLinuxで言うとどこのディレクトリに該当するかを説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明WindowsLinux
boot(起動)関連ブート構成データ(Boot Configuration Data, BCD)
C:\Windows\System32\winload.exe
/boot
設定ファイルの場所Windowsはレジストリというバイナリファイルに設定が集約されている。レジストリは何種類かあり以下フォルダに保管される。
c:\Windows\System32\config\
(その他レジストリを使用せず個別に設定ファイルを持つ場合もあり)
/etc
hostsファイルC:\Windows\System32\drivers\etc\hosts/etc/hosts
パスワードのハッシュが保存されたファイルC:\Windows\System32\config\SAM/etc/shadow
システムのプログラムC:\Windows
C:\Windows\System32
/bin,
/sbin,
/usr/bin,
/usr/sbin
サービスレジストリの以下のキー

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services
/usr/lib/systemd/system/*.service
/etc/systemd/system/*.service
(systemdの場合)
共有ライブラリC:\Windows\System32/lib
デバイスドライバC:\Windows\System32\drivers/lib/modules
追加した共有ライブラリC:\Program Files\Common Files/usr/local/lib
ユーザが追加でインストールするプログラム。C:\Program Files
C:\Program Files (x86) (*)64ビットOSで32ビットアプリを入れる場合

(*)UWP アプリの場合はC:\Program Files\WindowsApps
/opt
ユーザが追加するスクリプトや実行可能バイナリ慣例なし/usr/local/bin
ユーザのホームディレクトリC:\Users\[ユーザ名]/home/[ユーザ名]
/root
ユーザごとのアプリ固有データC:\Users\[ユーザ名]\AppData/home/[ユーザ名]
プログラムのデータ(全ユーザ共通)C:\ProgramData/var
Web ルートC:\inetpub/var/www
FTP ルートC:\Inetpub\ftproot/home/[ユーザ名]
テンポラリーディレクトリ(一時ディレクトリ)C:\Windows\Temp (*)システム用
C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\temp (*)各ユーザ用
/tmp
/var/tmp
スワップファイルC:\pagefile.sys (*)設定で他のドライブへ移動可能/swap パーティション
メモリダンプC:\Windows\memory.dmp/var/crash
ゴミ箱C:\$Recycle.Bin\[SID]/home/[ユーザ名]/.local/share/Trash/

Linux のディストリビューションにより異なる可能性がありますので注意してください。

最終更新日:2017/7/21







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。