Windows PE と Windows RE の違いを理解する

スポンサード リンク



このページでは 似たような言葉で紛らわしい言葉である Windows PE と Windows REの違いに関して説明します。
Windows PE(WinPE)は通常は目にすることは少ないでしょう。Windows 10 DVDなどで新規にパソコンにインストールする場合に使用されます。インストールするときに使用される"Windows 10をインストールするプログラム"を起動するための小さなOSです。
一方でWindows RE(WinRE)はWindows を修復するためのツールです。Windows 10が起動しなくなったり、不安定になった場合に使用します。


スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明Windows PEWindows RE
概要Windows を新規インストールする場合にまず最初に起動する 小型 OSのこと。Windows 10 DVDなどに含まれる。
Windowsをインストールしたことがあるなら、知らずのうちに Windows PEでPCを起動、使用していることになる。

Windows 回復環境のこと。Windows が起動しない、不安定な場合などに使用する。
主に以下のツールを使用することが可能。

・自動修復、その他のトラブルシューティング ツール
・PC のリカバリー
・システム イメージの回復
目的を一言で言うとWindows インストールプログラムを起動、実行するためのOS。
壊れたWindows を修復するため。
実行方法Windows インストールDVDをパソコンの挿入してパソコンを起動すると起動される。役目は短い。Windows 10 の場合[スタート] → [設定] → [保守と管理] → [回復] → [PC の起動をカスタマイズする] → [今すぐ再起動] 。

あるいは リカバリ メディアから起動。

また連続して起動に失敗したり、不正なシステム停止が連続した場合に自動的に起動される場合もあり。

参考:Windows 起動トラブル対応まとめ

入手方法原則なし。ただし Windows AIK を使用して個別に作成することは可能。専門性は高い。

参考:Windows PE (WinPE)を作成する。
@https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/hardware/dn938389%28v=vs.85%29.aspx@
Windows 10 にあらかじめ組み込まれている(WinRE ツール パーティション)。さらに組み込まれた Windows RE が壊れた場合を考慮し、Windows 10 から起動することも可能。

特徴・原則として通常のOSとして使用できない。
・ただしOSが起動しなくなった場合の調査として使用するケースもあり、。
・Windows PE をベースとして作成されている。
・システム修復ディスクや回復ドライブなどで使用する。
スペルWindows Preinstallation EnvironmentWindows Recovery Environment

Windows RE における回復画面のサンプルです。

Windows 修復メニュー








【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。