Windows Server と Windows Storage Serverの違い

スポンサード リンク

このページではサーバ専用OS である Windows Server と NAS などのストレージサーバ専用 OS である Windows Storage Server の違いに関して説明します。

Windows Storage Server は Windows Server をストレージサーバ用にチューニングした専用サーバです。一般的に販売されているサーバはLinux + NAS なのでライセンス的に安くなります。一方でWindows Storage Server は高くなりますが、その分機能が豊富となります。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明Windows ServerWindows Storage Server
概要サーバ専用 OSWindows Server を ストレージサーバ用にカスタマイズされたサーバ。プレインストール、設定済み。

メリット・ストレージ以外の用途にも使用可能。

・もしファイルサーバ専用として使用する場合、カスタマイズ、チューニング済なので構築コスト減。

・ライセンス費用がお得。(ただしActiveDirectory接続時は接続ライセンスがかかるようなので注意が必要)

・Linux NAS と比較して、ActiveDirectoryに対応可能なのが大きなメリット。

・Linux NAS と比較してクライアントから同時アクセスされても性能的に強い。

・リモートデスクトップ経由での接続が可能。

・Windows 環境に慣れたユーザは管理しやすい。

その他-Linux NAS の方が機能が低いが比較的安く構築が可能。機能と価格を比較してどちらを導入するか考える。

関連リンク:
administrator(ビルトイン) と administrators(グループ)の違い
共有フォルダにおける everyone と guest の違い
"管理者として実行"とadministrator権限の違い
UT、ITa、ITb、ST、UAT の違い
ServerService(サーバサービス)とWorkstationService(ワークステーションサービス)の違い
taskkill と tasilist の違い
InstallUtil.exe と sc.exe の違い
このページでは LUN、ボリューム、パーティションの違いに関して説明します。

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。