サーバOSとクライアントOSの違い | Windows

スポンサード リンク

このページではWindowsにおけるサーバOSとクライアントOSの違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明クライアントOSサーバOS
簡単に言うとユーザ端末で動くOSです。ユーザごとに使用するものであり、高機能ではありません。みんなで共有する機器で動作するOSです。印刷サーバ、ファイルサーバ、Webサーバ、データベースサーバー、業務サーバなどミドルウェアが動作します。あるいは皆で共有するサーバです。
構成クライアントOSは単発、一台だけで使用する環境で使用します。あるいはサーバ/クライアント環境で、クライアントとして使用するのもクライアント端末です。サーバ/クライアント環境で、サーバとして使用するのもサーバOSです。
Windowsの場合の主なエディションWindows 3.1/Windows 95/Windows 98/Windows ME/Windows 2000/Windows XP/Windows Vista/Windows 7/Windows 8/Windows 8.1/Windows 10Windows NT 3.1/Windows NT 3.5/Windows NT 3.51/Windows 2000 Serer/Windows Server 2003/Windows Server 2008/Windows Server 2008 R2/Windows Serer 2012/Windows Server 2012R2/Windows Server 2016
品質、信頼性低いです。壊れても(問題はありますが・・・)大きな被害がないため、信頼性の低いハードウェアで構成されるケースが多いです。

信頼性は高いです。なぜなら共有して使用するケースが多いため、壊れると全てのユーザに影響を与えるからです。
クラスタ化通常は無し場合によっては有り
ディスク構成通常はRaidなし通常はミラーリング以上のRaid有り
冗長化通常は無し電源、ネットワーク(チーミングやボンディング)、ディスク(Raid)などは冗長化あり。
メモリ1G〜8G程度大量
CPU低い高い、マルチコア、マルチプロセッサ
グラフィカルインターフェース(GUI)必須。使いにくいとクライアントOSの意味がない。GUIが必須ということではない。場合によってはServer CoreインストールなどGUIなしWindowsも可能。(Linuxの runlevel=3のようなもの)
その他のプラットフォームMAC、UbuntuなどUnix系サーバ,Linux系サーバ,OS/2サーバ,Netware,AIXなど。
OSサポート個人使用は通常なし障害時の問い合わせなど、サポートは必須。障害が修復しないと、業務に問題があるなど、すばやい解決が必要であるため。
形態デスクトップ、ノート、タブレットが一般的ブレードサーバ、ラックマウント、タワーあるいは仮想サーバ。
他のソフト主にOffice、メールクライアント、ブラウザなどが動作ミドルウェアと管理ツールのみ。Office、メールクライアント、ブラウザなどは通常は不要。

個人が自宅するのはほぼクライアントOSでしょう。中には、趣味でサーバ環境を構築するケースもあるかしれませんが。

関連リンク:

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。