exe と com の違い | 実行可能ファイルの拡張子

スポンサード リンク

このページでは exe と comの違いに関して説明します。どちらもWindowsの実行可能ファイル形式です。ただし com 形式は最近は全く見なくなりました。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明execom
特徴現在のWindows の主流の実行可能形式ファイル。実行するとプログラムが起動する。ヘッダーを持つ。メモリリロケーション情報などによりメモリにロードされる。大昔のMS-DOS時代の実行可能ファイルの拡張子。

固定したメモリアドレス(0100H)にロードされそこから実行される。ファイル形式のままメモリにロードされる。

現状実行可能形式のプログラムはほぼexe形式。Windows 10 ではほとんど使われない(ほぼ皆無)

comにはファイルサイズに上限あります。上限に達するとメモリロードエラーとなります。

関連リンク:
InstallUtil.exe と sc.exe の違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。