Windows ドメインとワークグループの違い

スポンサード リンク

Windows ドメインとワークグループの違いに関して説明します。
Windows ドメインは別名 Active Directory とも呼びます。複数のPCを一元管理する機能です。例えばドメインでユーザとパスワードを設定すれば、ドメインに属するPCに同じユーザ名とパスワードを設定できます。
一方でワークグループとは名ばかりでほとんど何も管理していません。それぞれのPCごとにユーザとパスワードを設定する必要があります。「ワークグループ」はたまたまワークグループ名が同じなら同じグループにお属するようには見えますが、メリットはほとんどありません。

また例えば5000台のPCがあり5000人分のユーザを作成する場合、1台ごとに管理者がPCにログインしてユーザを作るのも面倒です。Windows ドメインにPCが属していれば、このドメインコントローラ上で5000人分のユーザを作ればよいのでこちらの方が楽です。

ユーザとパスワードはWindows ドメインのほんの一部の機能ですが、この例で一元管理するメリットがお分かりになると思います。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

説明Windows ドメインワークグループ
必要な機器ドメインコントローラ用のPC
Windows Server 2016/2012/2008 などのサーバ専用OS
なし。Windows PCでワークグループ名を同じにするだけ。
主な構成方法・ドメインコントローラを構築する
・各Windows PC をドメインに参加させる。
なし。Windows の設定でワークグループ名を同じにするだけ。そうすれば「ネットワーク」のワークグループ名でまとまって見えるだけ。
ユーザ情報(ユーザ名、パスワードなど)一か所に集中して保管する。ただし分散する場合もあり。各コンピュータに保管する
ポリシードメインで一括設定が可能各PCごとの設定が必要
利点・パスワードを一回設定すれば、Windows ドメインに属する様々なリソースに同じパスワードでアクセスできる。
・ドメインコントローラ(ドメインを管理するサーバ)上でドメインに属する各PCの設定を変更することができる。
・ドメインコントローラでポリシー(セキュリティの規則など)を設定すれば、そのポリシーをドメインに属するPCに適用することができる。
コンピュータごとにパスワードを設定するので面倒。ワークグループのメリットはない。とはいえ、家庭用LANなどではドメインを構築するにはお金もかかるので、一般的にワークグループですませる。
規模企業、学校家庭、小規模Office


ワークグループ名は「コントロールパネル」「システム」で確認することが可能です。

関連リンク:
administrator(ビルトイン) と administrators(グループ)の違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。