ipconfig と ifconfig の違い

スポンサード リンク

このページでは ipconfig と ifconfig コマンドの違いに関して説明します。といってもOSの違いだけです。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明ipconfigifconfig
概要Windows 標準の ネットワークツール。IP アドレス表示、設定など。Linux 標準の ネットワークツール。IP アドレス表示、設定ツール。
ネットワーク情報表示コマンドc:\>ipconfig /all#ifconfig -a
コマンドのヘルプ>ipconfig /?

使用法:
ipconfig [/allcompartments] [/? | /all |
/renew [adapter] | /release [adapter] |
/renew6 [adapter] | /release6 [adapter] |
/flushdns | /displaydns | /registerdns |
/showclassid adapter |
/setclassid adapter [classid] |
/showclassid6 adapter |
/setclassid6 adapter [classid] ]

パラメーター
adapter 接続名です。
(ワイルド カード文字 * と ? を使用できます。
例を参照してください)

オプション:
/? このヘルプ メッセージを表示します。
/all すべての構成情報を表示します。
/release 指定されたアダプターの IPv4 アドレスを解放します。
/release6 指定されたアダプターの IPv6 アドレスを解放します。
/renew 指定されたアダプターの IPv4 アドレスを更新します。
/renew6 指定されたアダプターの IPv6 アドレスを更新します。
/flushdns DNS リゾルバー キャッシュを破棄します。
/registerdns すべての DHCP リースを最新の情報に更新し、DNS 名
を再登録します。
/displaydns DNS リゾルバー キャッシュの内容を表示します。
/showclassid アダプターが使用できるすべての DHCP クラス ID を表示
します。
/setclassid DHCP クラス ID を変更します。
/showclassid6 アダプターに許可されたすべての IPv6 DHCP クラス ID を
表示します。
/setclassid6 IPv6 DHCP クラス ID を変更します。


既定では、TCP/IP にバインドされた各アダプターについて、IP アドレス、サブネット
マスクとデフォルト ゲートウェイのみを表示します。

release と renew については、アダプター名が指定されていない場合は、TCP/IP
にバインドされているすべてのアダプターの IP アドレス リースが解放または更新
されます。

Setclassid および Setclassid6 については、ClassId が指定されていない場合
ClassId は削除されます。

例:
> ipconfig ... 情報を表示します。
> ipconfig /all ... 詳細な情報を表示します。
> ipconfig /renew ... すべてのアダプターを最新の情報に
更新します。
> ipconfig /renew EL* ... 名前が EL で始まる接続すべて
を最新の情報に更新します。
> ipconfig /release *Con* ... 名前が一致する接続すべてを解放
します。
例: "Wired Ethernet Connection
1" または "Wired Ethernet
Connection 2"
> ipconfig /allcompartments ... すべてのコンパートメントの情報を
表示します。
> ipconfig /allcompartments /all ... すべてのコンパートメントの詳細な
情報を表示します。
-

どちらかというと、ifconfig コマンドをWindowsが同じようなコマンドを用意したという感じです。ただしオプションが異なるので注意してください。







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。