net コマンドと sc コマンドの違い

スポンサード リンク

Windowsではサービスを制御するコマンドとして net コマンドと sc コマンドが存在します。どのような違いがあるのでしょうか。これらの違いを比較表で説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明netsc
概要net コマンドは 1990年代の Lan manager 時代からあるネットワーク管理コマンド。net start と net stop で起動しているサービス一覧の表示、サービス開始、サービス停止程度は可能だが、サービスを設定したり詳細を表示したりすることはできない。
サービスを設定したり状態を設定するサービス専用のコマンド。細か制御が可能。

サービスの GUIツールである services.msc で可能なことはこの sc コマンドで可能と考えてよい。

サービスだけではなくドライバの管理も可能。
例:net start lanmanserver

あるいは

net start server


sc start lanmanserver

(*)sc コマンドではサービスの"表示名"では制御ができないようです。
同期(サービス開始)同期する
同期しない(開始処理完了を待たずしてコマンドが制御に戻る。)
どんな時?手軽に起動しているサービスの一覧を表示したり、特定サービスを開始したり停止する場合。
サービスの設定や表示を細かく行いたい場合。

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。