net use と net share の機能の違い

スポンサード リンク

このページでは Windows 共有機能である "net use" と "net share" の違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

説明net usenet share
概要他のサーバで共有されているリソース(ファイル、フォルダ、プリンタなど)を利用するコマンド。リソース(ファイル、フォルダ、プリンタなど)を共有(公開)するコマンド。要するに自分のリソースをネットワーク上の他のサーバが利用できるようにする。(提供する)
簡単に言うと使う方使わせる方
その他主にWindows 10 などのクライアントOSが使う方となる。ただしWindows Server シリーズでも使用可能なコマンド。主にWindows Server シリーズなどサーバOSが使用するコマンド。ただしWindows 10クライアントなどでもリソースを共有することは可能。

それぞれは コマンドですが、GUIからファイル共有として設定することも可能です。またアクセス権により使わせるユーザを限定することが可能です。その場合は、クライアントは /user: コマンドでユーザ名とパスワードを指定して接続することとなります。

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。