【Windows 10】プライベートネットワークとパブリックの違い | 切り替え方法

スポンサード リンク

このページではWindowsにおける"プライベートネットワーク"、"パブリックネットワーク"の違いに関して説明します。



Windows 10では外部からファイルを使わせたりログインさせたりする機能があります。社内や家庭内につながった状況なら安心なのでこれらの機能は使わせてもよいのですが、公共施設のフリー Wi-Fi 使用中などは全く知らない他人の機器と同じネットワークに接続するのでとても危険です。罠が仕掛けられている可能性もあ。そのため、環境によりネットワークの状態を切り替える機能があります。パブリックにすると共有やリモート接続機能がオフになったり、Firewallの設定が厳しくなったりします。

パブリック・・・公共という意味
プライベート・・・個人、私的なという意味

設定方法
設定アプリから変更が可能です。
[ホーム]→[ネットワークとインターネット]→[状態]→[接続プロパティの変更] で切り替えが可能です。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明プライベートパブリック
概要社内、家庭内、学校内など。

公衆無線LAN、ホテルや飲食店の無料WiFiなど。
危険度ある程度安全。

セキュリティ的に危険。

共有、リモート接続ファイルの共有やリモートからの接続など許可する。
ファイルの共有やリモートからの接続など禁止する。(不正な機器からの接続が簡単に可能なため)
MS の説明から引用ホームネットワークまたは社内ネットワークなど、信頼するネットワーク向け。お使いのPCは発見可能になり、設定した場合はプリンターやファイルの共有に使用できます。
お使いのPCは、ネットワーク上のその他のデバイスから隠され、プリンターやファイルの共有には使用できません。

・Windows Firewallも「プライベート」「パブリック」でそれぞれ異なる設定が可能です。「プライベート」状態の方が設定や甘くまります。

・その他「ドメインネットワーク」という種類もあります。Windows Active Directoryに参加した状態で最高のセキュリティの状態となります。

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。