Windowsにおけるリダイレクトとパイプの違い

スポンサード リンク

Windows 環境におけるリダイレクトとパイプの違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明リダイレクト >リダイレクト >>パイプ |
概要ファイルへの上書きファイルへの追記標準出力を他の標準入力に渡す
サンプルa.txtファイルに "test" を上書きします。

echo test > a.txt

a.txtファイルに "test" を追記します。

echo test >> a.txt

test.txt の内容を more に渡します。

type test.txt | more

サンプル2dir の結果をresult.txt に上書きします。

dir > result.txt

dir の結果をresult.txt に追記します。

dir >> result.txt

現在のフォルダで"system"という文字が含まれるものを表示する。

dir | find "system"

サンプル3--test.txt の内容をソートする

type test.txt | sort

サンプル4--dir の結果をソートする

dir | sort /R

サンプル5--test.txt を削除しますが、削除確認に対して自動的に"y"を入力します。ファイルがユーザの確認なしで削除される点に注意してください。

echo y | del test.txt

関連リンク:

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。