regedt32 と regedit の違いを詳しく

スポンサード リンク

レジストリとはWindowsの設定を一か所に集中した設定ファイルの塊です。テキストエディタでは編集できず、レジストリエディタを使う必要があります。(ただしその他、reg.exe コマンドで操作することも可能です)

レジストリエディタを起動するプログラムは二通りあります。

regedt32.exe を実行すると実際にはregedit.exe が起動されます。regedt32.exe は単にregedit.exeを呼び出すだけです。タスクマネージャで確認すると、regedt32.exeを起動しても実際にはregedit.exe プロセスが起動されていることが分かるでしょう。単にプログラムを呼び出すだけの小さいスタブプログラムです。サイズを確認すると分かります。

ただしWindows 2000 時代にはそれぞれは全く異なるプログラムで regedt32の方が高機能でした。しかしWindows Server 2003 / XP 以後では実際には同じプログラムが起動される仕様に変更されています。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明regedt32regedit
特徴実際にはregedit.exeを呼び出すだけの小さなプログラムです。レジストリを編集する管理ツールです。
フルパスC:\Windows\System32\regedt32.exeC:\Windows\regedit.exe
ファイルサイズ(versionにより多少上下します。)11,776 バイト320,512 バイト
ユーザアカウント制御ありあり

実行時にはユーザアカウント制御(UAC)があります。実行前にadministrator権限への昇格が必要となります。なぜなら誤った操作はWindows システムは破壊させる可能性があるため、実行時の確認が必要となります。

その他、reg.exe でバッチ処理的にレジストリを設定したり、バックアップしたりインポートすることも可能です。

以下はregコマンドのヘルプです。

C:\>reg /?

REG 操作 [パラメーターの一覧]

操作 [ QUERY | ADD | DELETE | COPY |

SAVE | LOAD | UNLOAD | RESTORE |

COMPARE | EXPORT | IMPORT | FLAGS ]

リターン コード: (例外: REG COMPARE)

0 - 成功

1 - 失敗

特定の操作のヘルプについては、次のように入力してください:

REG 操作 /?

例:

REG QUERY /?

REG ADD /?

REG DELETE /?

REG COPY /?

REG SAVE /?

REG RESTORE /?

REG LOAD /?

REG UNLOAD /?

REG COMPARE /?

REG EXPORT /?

REG IMPORT /?

REG FLAGS /?

関連リンク:

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。