サービスとプロセスの違いとは

スポンサード リンク

Windowsにおけるサービスとプロセスの違いに関して説明します。
サービスとは縁の下の力もちです。常にバックグラウンドで動いていて、要求があれば応答します。何もしないときも動いていますがじっと待っています。分かりやすいのはIISWebサービスです。ブラウザから要求があるまでじっと待っていて、要求があればhtmlファイルなどを返します。サービスの実態はプロセスです。よってサービスとプロセスは別物ではありません。

サービスはプロセスから構成されています。しかしプロセスは必ずサービスではありません。例えばOfficeのプログラムの実態はプロセスです。しかしサービスではありません。主な違いは以下の比較表の通りです。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明サービスプロセス
概要ユーザ(ネットワーク経由を含む)に対して奉仕(サービス)をする仕組みのようなもの。実態はプロセス。OS上で動く単位。原則としてプロセスとして同じ名前のexeファイルがある。さらにプロセスから最小単位であるスレッドから起動される。
Oracleサービス、IISサービス、FTPサービス、リモートデスクトップサービス、PostfixサービスWordのプロセス(WINWORD.EXE)、Excel のプロセス(EXCEL.EXE)、サービスのプロセス(svchost.exe)
ユーザログオフ時そのまま継続して起動する。ユーザが起動したアプリケーションのプロセスはログオフ時に自動で終了する。
管理SCM(Service Control Manager、サービスコントロールマネージャー)により管理されている。SCMの指示によりサービスが起動したり停止したり再起動したりする)OSにより管理される。
操作SCMの指示により動作する。主にユーザのキーボード入力などにより操作される。
画面原則、画面(GUI)は持たない。通常は画面(GUI)を持つが、持たないプロセスも多い。








【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。