シンボリックリンク、ハードリンク、ジャンクション、ショートカットの違い | Windows

スポンサード リンク

このページでは Windows においてリンクを作成する方法の比較を行います。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明シンボリックリンクハードリンクジャンクションショートカット
概要汎用性が高いリンク機能。アクセスするとリンク元のファイルやフォルダが表示される。
オリジナルからもハードリンク先からも全く同じに見える。
シンボリックリンクに似ているがリンク元はフォルダのみ。
ファイルあるいはフォルダへのショートカットの作成が可能。
フォルダのショートカットをクリックするとカレントフォルダも移動する。ファイルのショートカットをクリックするとそのファイルが開く。
対象ファイル/フォルダファイルフォルダファイル/フォルダ
他のボリュームへのリンク×
ネットワーク共有へのリンク××
コマンドmklinkmklink /hmklink /jエクスプローラから右クリックして[送る][デスクトップ(ショートカットを作成)]
見え方dir コマンドで <SYMLINKD>
ハードリンク元と同じ

ハードリンクを確認するコマンドは以下の通り。

fsutil hard link list <ファイル名>
dir コマンドで <JUNCTION>
消した場合の動作シンボリックリンクを削除しても元ファイルは影響を受けない。
ハードリンクを消しても元ファイルは影響受けない。(リファレンスカウントが減る)ジャンクションを消しても元フォルダは残る。
ショートカット(*.lnk)を消してもショートカット先は残る。
リンク元を消した場合リンク元を消してもシンボリックは残るが、シンボリックにアクセスするとエラーとなる。
リンク元の消してもハードリンクは残る。
リンク元を消してもジャンクションは残るが、アクセスするとエラーとなる。
リンク元を消してもショートカットは残るが、ショートカットをアクセスするとエラーとなる。
備考一番柔軟に使える。ただアプリが誤動作する可能性もあり。その時はハードリンクも試してみる。

透過的でユーザが意識しないで使える。ただし他のボリュームにはリンクできない欠点あり。
フォルダのみしか使えない。シンボリックリンクに似ていて、かつシンボリックの方が高機能。
初心者でも簡単に作れる。個人ユーザがファイルサーバ上のファイルに対してデスクトップ上にリンクを作成するなど作業しやすくするために使うケースが多い。

ジャンクションは管理ツールからも作成することが可能です。



スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。