temp と tmp の違いとは | Windows 環境

スポンサード リンク

このページでは一時作業フォルダである tmp と temp の違いに関して説明します。
実は temp と tmp で明確な使い分け、ルールはありません。ただしWindowsではtemp を、Unix系では /tmp を使用するのが主流のようです。

共に作業用の一時的なファイルを保存するフォルダとして使用します。一般的には c:\temp あるいはC:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\Temp が使用されているようです。
環境変数では tmp と temp が準備されています。これは過去のプログラムの互換性からきているようです。tmp 同じ temp は同じフォルダを指しているようです。


TEMP=C:\Users\username\AppData\Local\Temp
TMP=C:\Users\username\AppData\Local\Temp

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明temptmp
概要Windows 環境では主に c:\temp あるいは C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\Temp が一時フォルダとして使用するのが慣例となる。
Windows では c:\tmp はほとんど使用されていない。一方で UNIX 系では /tmp が使用される場合が多い。
環境変数として環境変数としての TEMP は以下がアサインされている。
TEMP=C:\Users\username\AppData\Local\Temp
環境変数としての TMP は以下がアサインされている。
TEMP=C:\Users\username\AppData\Local\Temp








【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。