Windowsにおけるユーザ名(アカウント名)とフルネームの違い

スポンサード リンク

Windows におけるユーザ名(アカウント名)とフルネームの違いに関して説明します。

Twitterなどではユーザ名とアカウント名は異なるようですが、Windows ではユーザ名 = アカウント名で取り扱われているようです。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明ユーザ名(アカウント名)フルネーム
概要コンピュータで識別する名前です人間が見てわかりやすくするために付ける名前です。
文字通常はアルファベット、数字、ハイフンやアンダーバーなどの記号通常は日本語含めなんでもOK
ログインログイン時に入力ログイン時には入力なし
例1tanaka_ichiro田中 一郎
例20928371 (社員番号をユーザ名として使用)田中 一郎
ホームディレクトリWindows では c:\users\[ユーザ名] のように各ユーザのホームディレクトリ作成時に使用されます。使用されません
メールメールアドレスは[ユーザ名]@[ドメイン名]のように使用される場合が多いです。ただし決まりではなく他の方式のメールアドレスの場合もあります。メールのアドレス帳の表示名などに使用されます。
必須か?必須項目任意。デフォルトでは空っぽ。

Windows ではユーザ名やフルネームは後から変更することが可能です。ただしSIDは変わりません。

逆に一度ユーザ名を削除してから再度同じユーザ名で作成してもSIDが異なるため全く別のアカウントとして認識されます。ACLやホームディレクトリやグループのメンバなどは初めから作り直しが必要です。

関連リンク:
Office365とOffice2016の個人ユーザ目線の違い
ユーザパスワードとグループパスワードの違い | CentOS
ユーザとグループ関連のコマンドの比較 | CentOS
アクティベーション、ライセンス認証、ユーザ登録の違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。