wsus と Windows Updateの違い

スポンサード リンク

このページでは Windows の更新プログラム適用の仕組みである「wsus」と「Windows Update」の違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明wsusWindows Update
概要wsus が代表して更新プログラムをダウンロードする。wsus が各PCに配布する。各PCがそれぞれ更新プログラムをダウンロードする。
PCの管理機能有り無し
サーバの必要性wsus サーバが必要不要
用途企業、学校などで更新プログラムを適用する、しないを管理したい場合などに便利。個人使用が主な用途。
正式スペルWindows Server Update ServicesWindows Update

更新プログラムの適用はとても重要です。とくにセキュリティパッチの場合は可能な限りすぐに適用するとよいでしょう。

しかし場合によっては適用すると問題が発生する場合もあります。特に業務でPCを使用している場合、更新プログラム適用により業務アプリにエラーが発生し、大きな影響が発生する場合もあります。よって更新プログラム適用する、しないは管理したい場合があるでしょう。そんな場合にwsus が便利です。Windows 10 のアップグレードなどの配布を抑止したい場合など便利です。

関連リンク:

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。