Windows Server 2012 R2 エディションの違い

スポンサード リンク

Windows Server 2012 R2におけるエディションの比較資料を紹介します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明DatacenterStandardEssentialsFoundation
特徴大規模向けサーバ。仮想環境など。中規模向けサーバ。物理サーバ。ラックマウントタイプあるいはタワーサーバ。小規模サーバ。中小規模のローカルLAN。コスト最優先の環境
制限全機能使用可能全機能使用可能一部に機能資源あり一部に機能資源あり
仮想OS無制限で仮想サーバの作成が可能2サーバまで仮想サーバの作成が可能Windows Server Essentialを1サーバのみなし
Hyper-V機能あり機能あり××
ライセンスモデルProcessor + CALProcessor + CAL25ユーザまで15ユーザまで
メモリ制限4TB4TB64Gb32Gb
SMB 最大コネクション数共有フォルダへのセッションの最大値 16777216共有フォルダへのセッションの最大値 16777216共有フォルダへのセッションの最大値 1677721630
RRAS 最大コネクション数制限なし制限なし5050
64ビットソケット数646421
ドメイン参加可能可能マイグレーションのみマイグレーションのみ

本資料には誤りが含まれる可能性があります。必ずメーカ発表の資料を確認してください。

関連リンク:

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。