.MHT と .HTML の簡単な違い

スポンサード リンク

IEでファイルを保存する場合、MHT や HTM 形式で保存することが可能です。MHT形式とHTM形式の違いに関してまとめました。


スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明.MHT.HTM
概要Webページに関してテキストやイメージや動画や音声やJava Applet を一つのページにまとめて保存したファイル。

メールで使用される MIME形式で encode される。
Webページのhtml本体のみ保存したファイル。イメージや動画や音声やJava Applet は含まれず、別ファイルに保存される必要がある。
略称1Webアーカイブ、単一のファイルWebページ,HTML
略称2MIME HTMLHyperText Markup Language
ファイル形式base 64などテキスト
開けるアプリケーションIEなど .MHTをサポートしたブラウザメモ帳などテキストエディタ
用途一つのWebページで画像、動画などを一括してコンパクトに一つのファイルにまとめたいとき。・サーバ上で配布する場合。サーバ上ではHTM形式で配布する必要がある。MHT形式で配布してもブラウザは閲覧できない。

・コンパクトにテキストデータのみ保存したい場合。画像や動画やアプレットを省略したい場合。

・一部情報を省略してでも小さいファイルで保存したい場合。

上記の通り、画像、動画(Adobe flashなど)含め、完全にページを保管したい、かつ一つのファイルにコンパクトに保存したい場合に活用してくださいただしエンコードされるため、Windows Search などの全文検索ではヒットしなくなると思われます。







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。