DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN の原因と対処

Google Chrome などでインターネットにアクセスした時、DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN というエラーでWebページの表示に失敗する場合があります。
表示されるエラーメッセージは以下の通りです。

このウェブページにアクセスできません

DNS ルックアップでエラーが発生したため、xxxxxxxxx.xxx にあるサーバーを見つけることができません。DNS は、ウェブサイトの名前をインターネット アドレスに変換するためのウェブ サービスです。このエラーはほとんどの場合、インターネットに接続されていないか、ネットワークの設定が間違っていることが原因です。ただし、DNS サーバーの応答がない、ファイアウォールによってGoogle Chrome からのネットワーク アクセスがブロックされている、などの原因で発生する場合もあります。

エラー コード: DNS_PROBE_FINISHED_NXDOMAIN

スポンサード リンク

考えられる原因

このエラーの主な原因は以下の通りです。
・パソコンのネットワークの状態に不整合が発生している。
・パソコンがインターネットに接続されていない。パソコンの調子が悪い。WiFi ルータの調子が悪い。プロバイダで障害が発生している。LANケーブルが抜けているなど。
・DNSサーバに接続できない。(DNSサーバとはWebサイトのIPアドレスを解決するサーバです。)
・ファイアウォールなどセキュリティ製品がガードしている。
・(自分が所有するドメインのみアクセス出来ない場合には)whois 情報登録の不備により利用制限されていないか。
DNS_PROBE_FINISHED_BAD_CONFIGと似た現象です。

DNS機能の確認

DNSサーバが正常に起動しているか確認してください。DNSサーバが稼動しているかは以下を参考にしてください。
DNSサーバに接続して名前解決機能を使用する

スポンサード リンク

対処方法

以下を実施してください。このエラーが修復される可能性があります。
(1)DNSのキャッシュクリア
DNSキャッシュをクリアして修復するか確認します。
DNSキャッシュをクリアする手順
(2)TCP/IPスタックのリセット
TCP/IPスタックをリセットして修復するか確認します。
TCP/IPソケットをリセットする手順
(3)IPアドレスを再取得
DHCPサーバよりIPアドレスを再取得して修復するか確認します。
DHCPサーバよりIPアドレスを再取得する手順
(4)ARPキャッシュをクリア
arp キャッシュをクリアして修復するか確認します。
arp キャッシュを削除(クリア)
(5)ブラウザの再起動
ブラウザを再起動してから再接続し正常表示されるか確認します。
(6)パソコンを再起動
Windows パソコンを再起動します。再起動後、修復するか確認します。LANケーブルを使用している場合はLANケーブルが正しく接続されていることを確認します。
(7)ネットワーク機器の再起動
モデム、ルーター、無線LANなど使用しているインターネット接続機器を再起動(電源オフし、数分してから電源オンする)し修復するか確認します。
(8)ブラウザのキャッシュのクリア
ブラウザのキャッシュをクリアし修復するか確認します。
(9)DNS サービスの再起動
DNSサービスを再起動して修復するか確認します。
DNSサービスを再起動
(10)アンチウィルス
トレンドマイクロやマカフィーなどのアンチウィルス製品で最新の定義ファイル(パターンファイル)に更新してから、PC全てをスキャンする。
(11)Google Public DNS
最後の手段としてDNSサーバをプロバイダ提供等からGoogle が提供されたDNSに変更します。これで解決する可能性は高いですが根本的な解決案ではありません。
(本来のプロバイダの提供するDNSでは無く、Google が提供するDNSを使用する)
Google Pulib DNS
Windows 7の場合の手順
(1)「コントロールパネル」を起動
(2)「表示方法」で「小さいアイコン」をクリック
(3)「ネットワークと共有センター」をクリック
(4)インターネット接続に使用しているアダプタをクリック(ローカルエリア接続など)
(5)「プロパティ」をクリック
(6)「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IP v4)」を選択し「プロパティ」をクリック
(7)「次のDNSサーバアドレスを使う」を選択
(8)「優先DNSサーバー」「代替DNSサーバー」に上記の「Google Public DNS」に記載したIPアドレスを入力
(9)必要に応じて開いたウィンドウを閉じる
(12)プロバイダからの利用制限
自分の所有するドメインのみアクセス出来ない場合にはwhois 登録情報不備によりプロバイダから利用制限されている可能性があります。プロバイダに確認てください。

スポンサード リンク

ブラウザで表示されるDNSエラーの原因と対処