ERR_CONNECTION_RESET の原因と対処

Google Chrome などでインターネットにアクセスした時、DNS_PROBE_POSSIBLE というエラーでWebページの表示に失敗する場合があります。

スポンサード リンク

考えられる原因

このエラーの主な原因は以下の通りです。
接続しようとしているWebサーバで障害が発生している。(TVなどで話題となり、アクセスが集中しているなど)
・パソコンのネットワークの状態に不整合が発生している。
・パソコンがインターネットに接続されていない。パソコンの調子が悪い。WiFi ルータの調子が悪い。プロバイダで障害が発生している。LANケーブルが抜けているなど。
・ファイアウォールなどセキュリティ製品がガードしている。
・ブラウザのキャッシュに異常(不整合)が発生している。

対処方法

以下を実施してください。このエラーが修復される可能性があります。
(1)Webページの再接続
ブラウザで「再読み込み」「リロード」機能などを使用して再接続します。あるいは時間をおいて(10分後など)再接続して正常表示されるか確認します。
(2)ブラウザのキャッシュのクリア
ブラウザのキャッシュをクリアし修復するか確認します。
(3)ブラウザの再起動
ブラウザを再起動してから再接続し正常表示されるか確認します。
(4)ネットワーク機器の再起動
モデム、ルーター、無線LANなど使用しているインターネット接続機器を再起動(電源オフし、数分してから電源オンする)し修復するか確認します。
(5)IPアドレスを再取得
DHCPサーバよりIPアドレスを再取得して修復するか確認します。
DHCPサーバよりIPアドレスを再取得する手順
(6)パソコンを再起動
Windows パソコンを再起動します。再起動後、修復するか確認します。LANケーブルを使用している場合はLANケーブルが正しく接続されていることを確認します。

スポンサード リンク

ブラウザで表示されるDNSエラーの原因と対処