アプリが広告識別子を使うことを禁止する方法

アプリが広告識別子(Advertising Identifer)を禁止する手順です。
広告識別子はデバイスに割り当てられて(原則として)ユニークなIDです。このIDを元にユーザが訪れたWebサイトを記憶されます。Webページで広告を表示する際にこのIDを参照し、ユーザがどのような嗜好を持つか判断し、それに合った広告を表示します。
プライバシーの侵害と考える場合もあるため、この機能を無効化する設定も用意されています。
無効化する手順を紹介します。

対象バージョン:1511

スポンサード リンク

(1)「スタート画面」より「設定」をクリックします。

(2)「プライバシー」をクリックします。

(3)左側にある「全般」をクリックします。

(4)「プライバシー オプションの変更」の「アプリ間のエクスペリエンスのために、アプリで自分の広告識別子を使うことを許可する(この設定をオフにすると、ID がリセットされます)」で、機能を無効化するには「オフ」を選択します。

Windows 10 設定 一覧

スポンサード リンク

[前の設定]広告識別子をリセットする設定手順
[次の設定]SmartFilterでWindows ストアアプリがアクセスするURLを確認する設定手順