[ホーム] - [Windows 10 サンドボックス FAQ] - [ホスト OS とサンドボックス間のファイル共有方法]




ホスト OS とサンドボックス間のファイル共有方法 | Windowsサンドボックス




ホストOSとサンドボックスOS 間でファイルを共有する



Windows 10 サンドボックスを使用すると、ホスト OS とサンドボックスの OS でファイルを共有したい場合もあるでしょう。そんな場合は"ファイル共有"機能を使用するとよいでしょう。


概要


ホストOS の指定したフォルダを サンドボックスOS からアクセス可能とすることができます。
例えばホストOSの "C:\temp\sandbox" のフォルダにサンドボックスのデスクトップからアクセスすることが可能となります。(Windows の ファイル共有機能とは異なる)


設定方法


(1)設定ファイル xxx.wsb を作成します。


<Configuration><VGpu>Default</VGpu>
<Networking>Default</Networking>
<MappedFolders>
<MappedFolder>
<HostFolder>C:\temp\sandbox</HostFolder>
<ReadOnly>true</ReadOnly>
</MappedFolder>
</MappedFolders>
<LogonCommand>
<Command></Command>
</LogonCommand>
</Configuration>



(2)
読み込み専用、あるいは書き込み専用に設定することが可能です。セキュリティの観点より"読み取り専用"にすることを強く推奨します。
読み取り専用(<ReadOnly>・・・</ReadOnly>)を Falseにすると、サンドボックスOSからホストOSへ不正ファイルを送り込むことが可能となってしまいます。本来の機能からかけ離れるため<ReadOnly>true</ReadOnly>にすることを強く推奨します。

(3)
wsb をダブルクリックすることによりサンドボックスを起動します。

Windows 10 サンドボックスのアイコン




ファイル共有へのアクセス失敗


<ReadOnly>true</ReadOnly> の場合はホスト OS 側のファイル編集、削除は失敗します。この場合以下のエラーが発生します。

サンドボックスファイル共有エラー




この操作を実行するアクセス許可が必要です。
このファイルを変更するには、<サンドボックスPC名\WDAGUtilityAccount からアクセス許可を得る必要があります。




セキュリティ上、この動作は正常です。編集を許可するべきではありません。

ちなみにホスト OS 側で共有するフォルダのアクセス権を administrator のみに設定し、<ReadOnly>false</ReadOnly>した場合もでサンドボックスOSから編集は可能でした。


ファイル共有を使用する


以下の通り UNC 形式で共有フォルダを指定することも可能です。当然ですがホスト OS 側で共有を作成 (net share) する必要があります。


<Configuration><VGpu>Default</VGpu>
<Networking>Default</Networking>
<MappedFolders>
<MappedFolder>
<HostFolder>\\192.168.11.7\temp</HostFolder>
<ReadOnly>false</ReadOnly>
</MappedFolder>
</MappedFolders>
<LogonCommand>
<Command></Command>
</LogonCommand>
</Configuration>






最終更新日:2019/06/29

[ホーム] - [Windows 10 サンドボックス FAQ] - [ホスト OS とサンドボックス間のファイル共有方法]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2019