[FAQ CENTER トップ]
[Oracle FAQ トップへ]

Oracle FAQ

スポンサード リンク




OS:Redhat Enterprise Linux 5
バージョン:Oracle 11g R2

Q Oracle パスワードのデフォルトの期限と変更方法

A
Oracle 11g ではユーザのパスワードはデフォルトで180日に設定されています。
(*)Oracle10gまではデフォルトのパスワード期限は無期限でした。
インストールから180日後には一斉にパスワードの期限が切れてトラブルの元になるので注意が必要です。
パスワード有効期限の確認方法は以下の通りです。以下のコマンドで"PASSWORD_LIFE_TIME"の値を確認します。


SQL> select resource_name,limit from dba_profiles where profile='DEFAULT';

RESOURCE_NAME LIMIT
-------------------------------- ----------------------------------------
COMPOSITE_LIMIT UNLIMITED
SESSIONS_PER_USER UNLIMITED
CPU_PER_SESSION UNLIMITED
CPU_PER_CALL UNLIMITED
LOGICAL_READS_PER_SESSION UNLIMITED
LOGICAL_READS_PER_CALL UNLIMITED
IDLE_TIME UNLIMITED
CONNECT_TIME UNLIMITED
PRIVATE_SGA UNLIMITED
FAILED_LOGIN_ATTEMPTS 10
PASSWORD_LIFE_TIME 180

RESOURCE_NAME LIMIT
-------------------------------- ----------------------------------------
PASSWORD_REUSE_TIME UNLIMITED
PASSWORD_REUSE_MAX UNLIMITED
PASSWORD_VERIFY_FUNCTION NULL
PASSWORD_LOCK_TIME 1
PASSWORD_GRACE_TIME 7

16行が選択されました。



・パスワードを無制限に変更するコマンドは以下の通りです。

alter profile DEFAULT limit PASSWORD_LIFE_TIME unlimited;

"プロファイルが変更されました。"と表示されれば成功です。


・パスワードの期限が近い場合は connect 時に以下の警告が表示されます。

ERROR:
ORA-28002: パスワードは、7日以内に期限切れになります。


[参考]プロファイル一覧を表示するコマンド

select username,profile from dba_users;

スポンサード リンク


[Oracle FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。
このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)
雑誌等での紹介は特に連絡は不要です。
Copyright(c) tooljp.com 2007-2013