[FAQ CENTER トップ]
[Oracle FAQ トップへ]

Oracle FAQ

スポンサード リンク




OS:全てのOS
バージョン:Oracle 11g R2

Q 監査の種類

A
Oracleでは監査は以下の2種類があります。

(1)必須監査

【設定】
AUDIT_FILE_DEST パラメータで指定 デフォルトのパスは /opt/oracle/app/admin/<SID>/adump


【監査内容】
・データベースの起動、停止
・SYS,SYSDBAおよびSYSOPERログイン、ログイン失敗


(2)監査
【設定】
AUDIT_TRAIL パラメータで指定。(none | os | db | xml )
OSを指定した場合はAUDIT_FILE_DESTパラメータで指定したパスに出力

(注意)デフォルトの監査パス
SHUTDOWN状態ではAUDIT_FILE_DESTが読み込まれないため、デフォルトのパスに監査が記録されます。

【デフォルトパス】
/opt/oracle/app/admin/<SID>/adump


【監査内容】
以下のコマンドで監査内容の確認が可能です。
select * from AUDIT_ACTIONS;

スポンサード リンク


[Oracle FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]





(ご注意) 本サイト内の内容を使用して発生したいかなる時間的損害、金銭的損害あるいはいかなる損害に対して、いかなる人物も一切の責任を負いません。あくまでも個人の判断で使用してください。
本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。
このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。)
雑誌等での紹介は特に連絡は不要です。
Copyright(c) tooljp.com 2007-2013