[ホーム] - [Redhat Linux 7 FAQ 一覧] - ["ユーザ ID 1001 は重複しています"が useradd で表示される場合の対処]


スポンサード リンク



"ユーザ ID 1001 は重複しています"が useradd で表示される場合の対処

環境:Redhat Enterprise linux 7(EL)





現象


useraddでユーザID(UID)、グループID(GID)を指定してユーザを生成しようとすると以下のエラーが発生する場合があります。


#useradd -m -u 1001 -g 1001 usr001
useradd: ユーザ ID 1001 は重複しています



原因


指定したユーザIDを持つユーザがすでに存在しています。原則として、ユーザID(UID)は重複することはできません。


対処


異なる UID を指定してユーザを作成します。

どのユーザと UID がバッティングしているか、以下のコマンドで確認します。


#cat /etc/passwd | grep 1001



UIDを変更して作成するなどを検討します。

参考:
【CentOS】 useradd と adduser は一体何が違うのか?




(*)本ページは Redhat Enterprise Linux 7.2以後を想定しています。

最終更新日:2018/05/11

[ホーム] - [ Redhat Linux 7 FAQ 一覧]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2018