[FAQ CENTER トップ]
[Redhat Enterprise linux 7(EL) FAQ トップへ]


スポンサード リンク



【質問】targetcli コマンドを使えるようにする

環境:Redhat Enterprise linux 7(EL)


スポンサード リンク


targetcli コマンドを使用可能にする手順を紹介します。iSCSIターゲット機能用のコマンドです。これはディスク領域をiSCSIディスクとして有効化する機能です。

command not found


インストールオプションにもよりますが、初期状態では以下の通りコマンドが見つかりません。
# targetcli
bash: targetcli: command not found


コマンド導入


導入方法は様々ありますが、インターネットに接続した状態で yum によるインストール方法を紹介します。

# yum -y install targetcli

読み込んだプラグイン:changelog, fastestmirror, verify, versionlock
Repodata is over 2 weeks old. Install yum-cron? Or run: yum makecache fast
base | 3.6 kB 00:00

[中略]

extras | 3.4 kB 00:00
updates | 3.4 kB 00:00
(1/4): extras/7/x86_64/primary_db | 129 kB 00:00
(2/4): base/7/x86_64/group_gz | 156 kB 00:00
(3/4): updates/7/x86_64/primary_db | 3.6 MB 00:01
(4/4): base/7/x86_64/primary_db | 5.7 MB 00:01
Determining fastest mirrors
* base: ftp.iij.ad.jp
* c7-media:
* extras: ftp.iij.ad.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
依存性の解決をしています
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ targetcli.noarch 0:2.1.fb46-1.el7 を インストール
--> 依存性の処理をしています: python-rtslib >= 2.1.fb41 のパッケージ: targetcli-2.1.fb46-1.el7.noarch
--> トランザクションの確認を実行しています。
---> パッケージ python-rtslib.noarch 0:2.1.fb63-2.el7 を インストール
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

================================================================================
Package アーキテクチャー
バージョン リポジトリー 容量
================================================================================
インストール中:
targetcli noarch 2.1.fb46-1.el7 base 64 k
依存性関連でのインストールをします:
python-rtslib noarch 2.1.fb63-2.el7 base 97 k

トランザクションの要約
================================================================================
インストール 1 パッケージ (+1 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 161 k
インストール容量: 904 k
Downloading packages:
(1/2): targetcli-2.1.fb46-1.el7.noarch.rpm | 64 kB 00:00
(2/2): python-rtslib-2.1.fb63-2.el7.noarch.rpm | 97 kB 00:00
--------------------------------------------------------------------------------
合計 147 kB/s | 161 kB 00:01
Running transaction check
Running transaction test
Transaction test succeeded
Running transaction
インストール中 : python-rtslib-2.1.fb63-2.el7.noarch 1/2
インストール中 : targetcli-2.1.fb46-1.el7.noarch 2/2
検証中 : python-rtslib-2.1.fb63-2.el7.noarch 1/2
検証中 : targetcli-2.1.fb46-1.el7.noarch 2/2

インストール:
targetcli.noarch 0:2.1.fb46-1.el7

依存性関連をインストールしました:
python-rtslib.noarch 0:2.1.fb63-2.el7

完了しました!

自動起動設定


# systemctl enable target.service
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/target.service to /usr/lib/systemd/system/target.service.
# systemctl start target.service



スポンサード リンク


(*)本ページは CentOS 7.2以後を想定しています。

最終更新日:2017/11/04

[Redhat Enterprise linux 7(EL) FAQ トップへ]
[FAQ CENTER トップ]


本サイト内掲載されている情報は、著作権法により保護されています。いかなる場合でも権利者の許可なくコピー、配布することはできません。 このページはリンクフリーです。(このページへの直接リンクも可能です。) Copyright(c) tooljp.com 2007-2012