CPU、GPU、AI専用プロセッサの違いとは

スポンサード リンク

このページでは CPU、GPU、AI専用プロセッサの違いに関して簡単にまとめています。

ムーアの法則が崩れだしてきて、CPU性能の向上が望めなくなってきています。そこでディープラーニング用として特化したプロセッサが開発されるようになりました。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明CPUGPUAI専用
概要汎用的なプロセッサ以前はグラフィック処理を目的としたプロセッサを意味した。現在では特性を活かしてAIトレーニング用として活用されている。

ディープラーニング専用など。AI計算に特化。一般的にGPUと比較して電力消費がさらに良いと言われている。TPU (Tensor Processing Unit)など。

スペルCentral Processor UnitGraphics Processor UnitAI-oriented processor

ユニットを並列化する、トレーニングに直接無関係な浮動小数点の計算の精度を下げるなど工夫がされています。

関連リンク:
CPU と GPU の機能的の比較表

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。