アプリケーション、セキュリティ、Setup、システム、転送されたイベントの違い | イベントログ

スポンサード リンク

このページではWindows イベントログの種類であるアプリケーション、セキュリティ、Setup、システム、転送されたイベントの違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明アプリケーションセキュリティSetupシステム転送されたイベント
何のログが記録されるか・Officeなどのアプリケーション。OSとは別にインストールするのが一般的。

・ms-installer などインストールツールに関するログ。

・ユーザのログイン、ログオフの記録。

・セキュリティポリシの監査で指定されたログ。

・更新プログラム(kb)に関するログ。

・WUSA(Windows Update Standalone Installer)などのログ。

・カーネル、サービス、OSの起動、OSの停止、OSの異常終了、ネットワークなどOSシステムに関連するログ。

・他のイベントから転送されたログ。

関連リンク:
アプリケーション(exe)とDLLの違い
Windowsイベントログとsyslog の違いを比較表で説明
イベントログとログの違いとは
evtx、xml、txt、csv の違い | イベントログ保存形式
ソフトウェアとプログラムの明確な違い
モジュール、プログラム、ソフトウェアの主な違い
リモートログインと画面転送の違いを簡単説明
リモートログオンとローカルログオンのログオン先の違い
プログラムとプログラミングの違い
Windowsイベントログとsyslog の違いを比較表で説明
「ログオン」と「ログオフ」の明確な違い
エビデンスとログの違い | システム管理
シャットダウンとログアウトの違い
統合ログ管理とSIEMの違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。