chkdsk と chkntfs の違いとは

スポンサード リンク

このページではファイルシステムの検査、修復に関連するツールであるchkdsk と chkntfs の違いに関して説明します。

chkdsk と chkntfs の違い



chkdsk は昔からあるファイルシステムのチェックツールです。物理ディスクではなくファイルシステムの修復に使用します。Windowsを異常終了(停電でいきなり電源オフやハング時の強制終了)した場合、次回の起動時に実行されるのが基本ですが、何らかの不具合が発生して、Windows 起動時に毎回起動されるようになってしまう場合があります。そんな場合に起動の調整を行うのがchkntfs.exe ツールとなります。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明chkdskchkntfs
概要ファイルシステムの検査、修復。
chkdsk のスケジューリングを行う。
キーワード検査、修復
スケジューリング、設定のリセット
実態C:\Windows\System32\chkdsk.exe
C:\Windows\System32\chkntfs.exe
コマンド例主なコマンド例

chkdsk c: ・・・Cドライブの検査を行う(エラーを検出しても修復なし)ファイルシステムは読み取り専用で実行。

chkdsk c: /F ・・・Cドライブの検査を行う(エラーを検出したら修復)ファイルシステムのロックが必要なため、以下のメッセージが表示され通常はOS起動時にスケジューリングされる。

---------------------------------
ボリュームが別のプロセスで使用されているため、CHKDSK を
実行できません。次回のシステム再起動時に、このボリュームの
チェックをスケジュールしますか (Y/N)?
---------------------------------

主なコマンド例

chkntfs /D ・・・コンピューターを既定の動作に戻す。

chkntfs /X ・・・指定したドライブをの起動時の検査から除外する。いつのまにか毎回検査されるようになった場合にこのオプションを指定する。ただ本当に物理ディスクが壊れていたら、新しい環境へ移行するなどの対処が必要。(/Xは修復するのではないため根本的な解決ではない。)




以下は chkdsk によりファイルシステムの検査を開始した画面です。

chkdsk を開始したコマンドプロンプト


関連リンク:
FAT、FAT32、NTFS、exFAT ファイルシステムの違いを簡潔に説明

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。