アウトプット(Output) とエクスポート(Export) の違い

スポンサード リンク

このページでは情報処理システムでよく使われる"アウトプット" と "エクスポート" の違いに関して説明します。

どちらもプログラムから外部にファイルやデータなどを外部に出すことです。エクスポートは自分の保有しているデータを他で使うために指定したフォーマットで外に書き出すことです。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明アウトプットエクスポート
イメージ文字やデータを外に出すイメージ。出力や書き出しとも呼ぶ。
既に持っているデータを他の形式で外に出すイメージ。
・エラーメッセージをコンソールにアウトプットする。
・計算結果を画面にアウトプットする。
・データベースをCSV形式でエクスポートする。
・Microsoft Excel の内容をCSV形式でエクスポートする。
意味output = 出力
export = 運び出す
スペル

関連リンク:
「インターフェース」「NIC」「ポート」の違いに関して







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。