CRUとFRUの違いとは | ハードウェア故障時の交換手段の違い

スポンサード リンク



このページではIT機器の各部品でよく使われる「CRU」と「FRU」の違いに関して説明します。どちらも故障時の交換などで使用されることばです。システム保守契約などで重要なので理解しておくとよいでしょう。

(*)以下の内容は一般論であり詳細はメーカの確認が必要です。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明CRUFRU
スペルCustomer Replaceable UnitField Replaceable Unit
概要
CRUとはハードウェアの部品の分類の一つでこの部品は故障時などにユーザ(顧客)が新品に交換可能なことを表す。
あるいはハードウェア保守の契約種類の一つ。
ハードウェアが故障した場合にはメーカがユーザ(顧客)に部品を発送し、ユーザ(顧客)が交換する契約。
FRUとはハードウェアの部品の分類の一つでこの部品は故障時などに、ユーザ(顧客)が新品に交換することはできずCE(フィールドエンジニア)が交換する必要があることを表す。
あるいはハードウェア保守の契約種類の一つ。
ハードウェアが故障した場合にフィールドエンジニア(CE)が現地で新しい部品を交換する契約。

部品によってはユーザによる交換が困難なので、必ずFRUとなる部品もある。
簡単に言うとユーザが交換可能
CE交換可能
契約費用CRUの部品は顧客が交換する契約の場合は保守契約費用は安くなる。
CRU/FRUどちらの部品もCEが交換する場合は保守契約は高くなる。


FRUはCEが交換となる。
その他主にホットスワップが可能な部品。簡単に交換が可能。同時に交換手順書も提示される。Raid構成のハードディスクやファンや電源装置など。


交換が難しい場合や、ユーザが機器を設置している場所(地方のデータセンタなど)に行けない場合などに契約する。

関連リンク:
ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェアの比較表で違いを説明
保守と延長保守の違い | ハードウェアのメーカ保守







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。