ハードウェア、ソフトウェア、ファームウェアの比較表で違いを説明

スポンサード リンク

このページではハードウェア、ソフトウェア、ファームウェアの比較表で違いを説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明ハードウェアソフトウェアファームウェア
概要機械のこと。鉄などの物で構成されている。「ハードウェア」との反対のもの。ハードウェアに入力(インストールなど)して動かす。ファームウェアとは「ハードウェア」を動かすために「組み込まれた」プログラムのこと。一般的に「ハードウェア」と「ファームウェア」はセットになっている。

スペルHardwareSoftwareFarmware
説明「機械」全般をハードウェアと呼ぶ。ハードウェア(Hardware)は「金物類」「鉄器類」という意味。 鋼鉄製の箱でできているからそう呼ばれているのが語源。実物はない。言語で書かれたもの。実態は0と1の羅列。

ただしソフトウェアは「DVD」、「メモリ上」などに保存されたり紙に印刷されたりする。また主にPCにインストールして使用する。

ハードウェアはソフトウェアで動かす。ではソフトウェアをハードウェアに読み込ませて、さらに動かすのは?ということが問題となる。

この読み込みはPCのBIOSが行う。ファームウェアはハードウェアメーカが提供するのが一般的。

例:コンピュータ本体

テレビ

キーボード

マウス

ディスク

ノートPC

デスクトップPC

など実物。

Windows、Linux、Office製品、PDF、ブラウザ、グラフィック編集ソフト、Oracleデータベースなどはソフトウェアに分類される。BIOSなど。

関連リンク:
ソフトウェアとプログラムの明確な違い
モジュール、プログラム、ソフトウェアの主な違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。