モジュール、プログラム、ソフトウェアの主な違い

スポンサード リンク

このページではモジュール、プログラム、ソフトウェアの主な違いを比較表で説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明モジュールプログラムソフトウェア
概要一番小さい単位モジュールを組みせプログラムの組み合わせ。「ソフトウェア」にまとまって初めてユーザに意味がある動作を行う。
アプリケーションも同じ意味で使われる場合が多い。
単体で実行単体では実行できない。主にプログラムからロードして使用される。「プログラム」として単独で実行可能。さらにモジュールをロードすることも可能。ただしユーザに意味がある動作はしない。単体というか、複数のプログラムが連携して動作することにより「ソフトウェア」として動作する。
サイズ
スペルmoduleprogramsoftware
その他Windowsでは 拡張子が libやdll などがモジュール。Windowsでは拡張子が .exe などがプログラム。オフィスシリーズ、ブラウザ、PDFリーダ、Windows、メールクライアント、ホームページ作成ソフトなどが該当する。

関連リンク:
ソフトウェアとプログラムの明確な違い







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。