クイックフォーマット | イレースフォーマット | 上書きフォーマットの違い【SDカード】

スポンサード リンク

一般的なSDカードでは「クイックフォーマット」「イレースフォーマット」「上書きフォーマット」の3通りがあるようです。どのような違いがあるのか簡単にまとめました。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

説明クイックフォーマットイレースフォーマット上書きフォーマット
概要管理情報のみフォーマット。データの中身はそのまま残る。

メモリ素子を情報を保有していない状態(イレース処理)にする。

現在のデータに対して無意味なデータを上書きすることにより元のデータを読めなくする。

どのような場合に使用する?一度中身を真っ新にしたい場合など。初めてSDメモリを使う場合など。

メモリカードを捨てる場合、他人に渡す場合など元のデータが残っていない状態にしたい場合。

メリット・とにかくフォーマットの速度が速い。

・書き込みが少ないので劣化が少ない。

'-

・何度か上書きフォーマットを繰り返せば、元のデータを戻せなくなる。
デメリット・データが消えたように見えるが実際には残っている。他人に渡すと他人は簡単に元に戻せる。

・フォーマットに時間がかかる。フォーマットを途中でキャンセルすると問題が起こる場合がある。

・対応していないSDカードもある。

・フォーマットに時間がかかる。

【重要】SDカードを廃棄したり他人に譲る場合は注意してください。単にファイルを削除したり、クイックフォーマットしただけでは簡単に元の情報を戻すことが可能となります。必ずイレースフォーマットや上書きフォーマットを組み合わせる必要があります。詳しくはSDカードのメーカーに完全データ消去の方法を確認してください。

関連リンク:
通常フォーマットとクイックフォーマットの違い
フォームとフォーマットの違い

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。