ディスクとドライブの明確な違いとは

スポンサード リンク

このページでは「ディスク」と「ドライブ」の違いに関して説明します。

似たような言葉であり似たような物を指す言葉ですが明確な使い分けがあります。ディスクは"物"のことです。CDやDVDなどディスクといいます。PCだけではなく、DVDプレーヤーやBlueRayに入れる円盤もディスク(Disk)と呼びます。一方でドライブはこれらを入れる装置のことを言います。DVDプレーヤーやBlueray装置をドライブと呼びます。これらの比較を下の比較表にまとめました。


下の図はエクスプローラ内でドライバが表示されている部分です。OfficeのDVDディスクが表示されています。

Officeのメディアが挿入された状態



例えば DVD ドライブは以下のような感じの機器となります。これは外付けですが、PC内部に元々入っている内臓タイプもあります。

DVD ドライブ

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明ディスク(Disk)ドライブ(Drive)
概要フロッピー(Floppy)、CD、DVD、Bluerayなどの記憶媒体のこと。
ディスクを入れる装置、デバイスのこと。DVDドライブなど。
ざっくり言うとメディア、記憶媒体のこと。書き込まれる側。
装置のこと。書き込む側の機械。
参考-(*)ただしWindows ではドライブを論理的な区切りを指す場合もあります。例えば C:\をCドライブ、D:\をDドライブと呼びます。




関連リンク:
ドライブとドライバの違いは何?
CドライブとDドライブの違いは何か







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。