ハッシュと暗号化の違いを比較表で説明

スポンサード リンク

このページで「ハッシュ」と「暗号化」の違いに関して説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明ハッシュ暗号化
目的ハッシュの目的はデータの置換。通常は短い文字列に置換される。ハッシュから元のデータに戻すのは困難。
OSのパスワード保存やメールの改ざん検知などに使用する。
暗号化はデータの秘匿が目的。鍵を持つ人のみデータを渡すのが目的。
概要元に戻せない。
元に戻せる。
不要。
暗号化されたデータを復元するために鍵(キー)が必要。
アルゴリズムmd5、sha など。RSA、DSA、DES、AES など。
長さ固定
不定
スペルhashencrypt

関連リンク:
Btlocker と efs 暗号化の違いを比較表で説明
「暗号化」と「エンコーディング」は何が違う?

スポンサード リンク







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。