インストールとアンインストールの違い

スポンサード リンク

このページではインストールとアンインストールの違いに関して説明します。ともにソフトウェアのシステム(OS)に対する行為です。どのような違いがあるか説明します。

スポンサード リンク

(注意)分かりやすく簡単に記載しており、一部の環境や分野では記載内容が異なる可能性があります。あくまでも参考程度でお読みください。

比較表

比較は以下の表の通りとなります。

説明インストールアンインストール
概要ソフトウェアをシステム(OS)に入れて使えるようにすること。例えばマイクロソフトオフィスなどはダウンロードしたり、買ってきただけではWindows PCでは使えない。これらをOSに"インストール"することにより初めて使えるようになる。システムに入れたソフトウェア(OS)を綺麗に消して元に戻すこと。
具体的な動作インストールでは主に以下を行う。

・必要なファイルをシステムにコピーする。
・OSの設定を変更する(Windowsの場合はレジストリなど)
・メニューやショートカットを追加してユーザが簡単にソフトウェアを使えるようにする。
・マニュアルやユーザガイドやヘルプをコピーする。
アンインストールでは主に以下を行う。

・インストーラーがインストールしたファイルを削除。
・インストーラーが変更した設定を元に戻す。(Windowsの場合はレジストリなど)
・インストーラーが追加したメニューやショートカットを削除。
・マニュアルやユーザガイドやヘルプを消す。
・最後にアンインストーラー自身を削除。

関連リンク:
アンインストールと削除の違い







【注意】本ページは著作権で保護されています。内容は何人も補償しません。時間的あるいは金銭的損失等、一切保証しません。

理解しやすく記載されており、一部不正確な記載がある可能性があります。ご自身の責任で参考にしてください。